走らなければ帰り着けない場所を走る。

知らない街を走っていると、時に果たして帰れるのかしらと思うことがある。

街道の途中には峠があり、そこが思いの他長かったり、食事や水が切れてエネルギー不足に陥ったり、上下の動きで足や爪がやられたり。

例えばこんな道。

下諏訪から和田宿を目指す途中の和田峠。

こんなトンネルを抜けなければいけない時も。

12月だったので氷柱がぶらさがってます。

店は開いてない。

自販機も動いてない。

クマも出る。

最近は冬眠しない種類もいるらしく要注意。

前前前世歌いながら走りましたわ。

ようやく長い登りを終えて、あとは下るだけ。

自販機の嬉しいことよ。

お店みたいに自販機が固まっているエリアが

このエリアには点在してます。

走っている間はスリリングですが、

終わってみると他では得難い安心感。

いつものコースでは鍛えられないものがある、旅ラン、お勧めです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中